みんなと差をつけるホームページの作り方

ホームページのデザインを良くするコツ

ホームページはその会社や紹介したい案件をなるべく多数の人に見てもらい、伝えたいポイントやキャッチコピーをとにかく理解してもらいたい、という目的のものですので、まずはたくさんの人に目にとめてもらう必要があります。
ホームページの第一印象はやはりトップページですので、トップページをお洒落にすることがまずは大切です。トップページが魅力あるものでないと、他のページがどれだけ良くてもそこまで見てもらえません。よって、とにかくトップページだけは最高のデザインにすることが必要です。
ホームページをデザインするためには単純に文字や画像を配置するのではなく、HTML言語における巧みなテクニックを使う必要があります。文字が自動でスクロールしたり、画像が動いたり、いろんなことができますので、なるべく見る人が驚くような構成がいいでしょう。

ホームページは見やすさが大切!

ホームページはデザインも大切ですが、見やすさも大切です。ホームページを探して見ようとしている人は、何らかのの情報を調べたい、探している人なわけですので、とても派手なデザインだけども、文字が読み取りにくく、内容が理解しにくいのは本末転倒です。見る人がどんな情報を求めているか、何が知りたいのかを推測し、サイト側が伝えることができる内容を出来るだけシンプルに表現することが効果的です。ホームページのトップページに記載する文章は起承転結を意識して記載するよりは、まずはキャッチコピーやコンセプト的な内容を一言で大きく表現し、読み手にそれだけを伝えるようにしたほうがいいでしょう。それで興味を持ってもらい、詳細のページにリンクしてもらうことが望ましいといえます。