誰もが一度は訪れたくなるホームページを作ろう

重要なのは常に見てくれる人のことを意識することです

誰もが一度は訪れたくなるようなホームページを作るには様々な工夫が必要になりますが、まず第一に理解しておいてもらいたいのが、”常に観覧者目線で構築することが大切”だということです。ホームページのデザインには特に決まりがある訳ではないので、ついいろんなパーツを組み込みたくなってしまいますよね。しかし、本当に必要なもの以外を多用するとかえって見にくい仕上がりになってしまったりするんです。大切なのは、”訪れてくれた人が求めている情報をストレスなく手に入れることができるかどうか”だということを忘れてはいけません。それができているホームページこそが誰もが一度は訪れたくなるようなホームページであり、実際にそういうホームページこそがたくさんのアクセスを呼び込んでいるんです。

シンプルにすることで印象は大幅に良くなります

訪れてくれた人に良い印象を与えるホームページとは、”伝えたいことが明確になっている”ということと”ゴチャゴチャしていない”ということは必須条件となります。どちらの条件も満たすためにはまず「シンプルさ」を意識することです。ファッションの世界でもシンプルにまとめていればオシャレとは反対の印象を持たれることが少ないですよね。むしろおしゃれだと思われることの方が多くなるでしょう。それはWebデザインの世界でも共通していて、シンプルなデザインであることは基本中の基本となっています。余白が発生した場合には無理にバナーなどの素材を埋め込んだりせずに、逆に余白を活かしたデザインを心がけることが必要です。そうやって作り上げられたホームページは、伝えたいことが明確になっている「誰もが一度は訪れたくなるホームページ」になっていきます。